2019年4月8日、株式会社オプロ様(東京都中央区)にて「MOVEDプレゼン研修3DAYS」が行われました。

今回の記事では、その1日目の様子をご紹介します。

株式会社オプロ様について

株式会社オプロ様は、企業の資産であるドキュメントやデータを自由にクラウドに繋ぎ、あらゆるビジネスコミュニケーションにおける課題解決を目指したソリューションベンダー会社。

当日の様子

参加者の皆さま

当日は営業、プリセールス担当を中心に9名が参加。

また、オブザーバーとして代表取締役社長の里見一典様をはじめ、4名のバックオフィスを支えるスタッフの皆さまも見学されていました。

参加者の皆さまの課題

お名前や業務内容などの自己紹介に加えて、現在感じているプレゼンテーションにおける、それぞれの課題をお話し頂きました。

皆さん、様々な課題をお持ちの中、共通していたのは「商品案内、機能説明、他社比較で終わってしまうプレゼンを変えたい」ということ。

お客様によって知識レベルが異なる中、最新のIT技術を駆使したオプロ様の自社サービスを伝えるのは、本当に難しいことだと思います。

MOVED渋谷によるプレゼンデモンストレーション

MOVED代表・渋谷(@carebody)がエバンジェリストとしてセミナーを担当している、サイボウズ社の看板サービスkintoneを題材に、そのサービスの魅力を伝えます。

渋谷
15分という限られた時間の中で、いかにポイントを絞ってサービスの魅力を伝えるか?というところが大事です。

デモンストレーションに対する参加者の皆さんのご感想

参加者の皆さんも、興味津々のご様子でした。

ウチの製品はココが凄いんです!というようなアピールではなく、相手目線で何がメリットなのか?を常に意識して話しているのがよく分かった。
伝えたいポイント3点を事前に整理し、どういった視点で聞いて欲しいのか?を伝えており、その後の話がとても理解しやすかった。
「皆さんが」「皆さんにとって」という言葉をよく使っている。「私が」ではなく、相手にどう感じて欲しいのか?というスタンスが常に貫かれていた。

ココロをうごかすプレゼンとは?

プレゼンとは、相手に対するプレゼント

プレゼンで大事なことは、次の3つです。

  1. 行動を起こしたくなる
  2. 幸せな気持ちになる
  3. 誰かに伝えたくなる

聞き終わったあと、ワクワクした気持ちになり、思わず誰かに話したくなる。

渋谷
話した内容が、ひとり歩きし、様々な人に伝言されていきます。

相手に伝わるプレゼンづくり

この日は座学中心に、プレゼンをつくる上で最も大切となる「ビジョン」「キーメッセージ」「構成・ストーリー」の作り方をお伝えしました。

また、相手に伝わるプレゼンには「デザイン」も大切。

渋谷
「シンプル・リズム・メッセージ」の考え方を元に、レイアウト、フォントや色の使い方、箇条書きからの脱却、今すぐ使えるショートカットテクニックまで、様々なノウハウを紹介します。

参加者の声

3時間、あっという間の研修1日目を終えて、参加された皆さんのご感想をいただきました。

会社・商品のビジョンをシンプルな言葉で語ること、相手目線で何がメリットなのか?を伝えることの重要性を感じました。
あらためて自社サービスの魅力について、皆で語り合う良いきっかけになりました。
今まで、プレゼン資料作成(パワーポイント)に対して苦手意識が強かったが、研修を受けて、すぐにでも作ってみたい!と思えました。
「お客様目線で話をする」「自分のための資料・説明にしない」というところに思い当たる節があり、今後特に意識したいと思いました。新しく作ったセミナー資料も、ユーザ目線のつもりの部分とどうしても伝えたくてこちら目線の部分があるので、どのように伝えるのか考えさせられました。
パワポ資料だけでなくあらゆるものに共通して言える部分が多いと感じました。制作担当の立場として意識していきたいと思います。
とてもためになりましたし、さすが渋谷様はプレゼンがお上手だなと感じました。早く実践できるように頑張ります!
「相手がアクションを起こしたくなるプレゼン」こちらが伝えたいことを中心に話してしまっていましたので、今後はそこを改善していきたいです。
長時間だったにも関わらず眠くならずに聞けたのは、純粋に渋谷さんの圧倒的プレゼン力(聞き手への思いやり)があったからだと思いました。汎用的なプレゼン資料作りや機能の説明に終始していた資料作りを反省し、聞き手への感謝や伝えたいことを意識した資料作り、プレゼン内容を考えていかなければならないと感じました。
プレゼン=プレゼントであるという考え方に驚きを覚えました。プレゼンについて曖昧な考えしかもっておらず、アドリブで乗り切っていたところが多々あったため、資料作りから細かいところまでこだわって作ることで、聞き手へその時間をプレゼントするというのがよく伝わるプレゼンなのだと感じました。

さいごに

2日目は、参加者の皆さんが実際にご自身でお作りになられたスライドを元に、プレゼンして頂きます。

渋谷
9名それぞれが今日の研修に刺激を受け、あらためてプレゼンと向き合い、成長を感じて頂ける2日目になれば幸いです。

ライティング:河西(@ken_clockhands

編集:菅原(@erincolgy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です